昭和の車はおもしろい。ブレーキ偏

クラシックカー クラシックカーや輸入中古車や名車から希少車や旧車や珍車エンスー車の紹介販売など

ブレーキは天候や道路状況で性能が変わり、まるでジャジャ馬を乗りこなすようでした。

ブレーキの主流はドラムブレーキでした。 ドラムブレーキとは、車輪の中央部に摩擦に強い鋳鉄製のドラムを配置し、内側から耐熱性ライニングを押し付けて回転を止めることでブレーキとして機能させたものです。

ドラムブレーキは個々四輪のブレーキのきき具合の同調が難しく、ブレーキの片ききや鳴きが多く 低速時には過上作動するし高速時はあまりブレーキのききは良くありませんでした。

某メーカーの某車種は雨の日はとてもブレーキのききが悪く乾燥すると、カクッときく「カックンブレーキ」と呼ばれて敬遠されていました。昭和の車の懐かしいエピソードです。

ブレーキも高速道路の発達に伴い進化して、円盤の両面をパットで挟み込む構造のディスクブレーキを取り入れるようになり、だんだんと面白さが無くなって行きました。

初期のディスクブレーキはお粗末で、耐久力に乏しい物でした。

しかし、高速回転する車輪を制御するには最適で、耐水性も優れブレーキのメンテナンスも簡単なのです。現在でも製造コストはドラムより高いので廉価車にはフロントにしか使用されていません。

初期の昭和の車は作動力をオイルで伝えるものをオイルブレーキ、連結棒で伝えるものを ロッドブレーキ、ワイヤーで伝える物をワイヤーブレーキ、エアーで伝える物をエアーブレーキと呼んでいました。

ドラムブレーキにも種類があり、摩擦制動力を倍増するダブルドラム式、放熱効果の良いアルミフィンドラム式、などあり、内側のライニングにも三連式のものがありました。

いずれも製造コストの高さや調整の難しさがあり、レースカーやスポーツカーなど一部の車に使用されただけで一般車には普及はしませんでした。

昭和の車に一番使われたオイルブレーキは運転者がペダルを踏み、その力をオイルの圧力で各車輪のブレーキに伝えるものでブレーキへの動力伝達方式としては今でも基本は同じです。

ブレーキのおもしろさの一つにロッドブレーキが上げられます。 最も簡単な機構のブレーキですが、連結部にガタが出やすく作動も緩慢でした。

他にワイヤーブレーキもあります。軽量でシンプルな機構ですがワイヤーが伸びやすく作動が遅れがちでした。

しかし、その柔軟性が生かされ現在でもサイドブレーキの主流となっています。

また、エアーブレーキは反応が早く効き具合も強烈、しかしペダルのコントロールがとれも難しく使いこなすのには熟練がいりました。 大型車の一部に有りましたが、一般車には使われませんでした。

初期の昭和の車のブレーキは、天候や道路状況にその性能が大きく変化しました。 今のような補助の倍力装置も無く、運転者のペダルを踏むタイミングと力加減で作動させました。

カーブで急ブレーキを踏むと、車体がスピンし事故になる事が多々ありました。

昭和の車は、滑らかに止めるにもテクニックが必要だったのです。

サイトTOP
クラシックカーやエンスー車を語ろう
私の経歴
昭和21年1月生まれのO型の満71才です
昭和の車はおもしろい
昭和の車 エンジン偏
中古車PR情報
アクセス
事務所移転のお知らせ
お問合せ
メール

中古車関連情報

当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害のサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、クラシックカーや中古部品などのオークション売買を紹介する事を目的にしています。
サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加